人工知能の哲学

松田雄馬 著

[目次]

  • 第1章 「人工知能」とは何か(「コンピュータ(計算機)」にはじまる三度の「人工知能ブーム」
  • 「ニューラルネットワーク」と「学習」 ほか)
  • 第2章 「知能」とは何かを探る視点(「見る」ことの何が不思議だというのか
  • 「読めて」しまう不思議な文章 ほか)
  • 第3章 「脳」から紐解く「知能」の仕組み(脳の全体像を巡る研究の歴史
  • ゴンドラ猫に見る「認識」と「身体」 ほか)
  • 第4章 「生命」から紐解く「知能」の仕組み(ホタルに見る「生命」の仕組み
  • 「生命」の根本原理であるリズム ほか)
  • 第5章 「人工知能」が乗り越えるべき課題(流行語になっている「人工知能」とその真実
  • 現代の技術とライフスタイル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人工知能の哲学
著作者等 松田 雄馬
書名ヨミ ジンコウ チノウ ノ テツガク : セイメイ カラ ヒモトク チノウ ノ ナゾ
書名別名 生命から紐解く知能の謎

Jinko chino no tetsugaku
出版元 東海大学出版部
刊行年月 2017.4
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-486-02141-4
NCID BB23530059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22899197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想