〈社会のセキュリティ〉を生きる

春日清孝, 楠秀樹, 牧野修也 編著

[目次]

  • 序論 「社会のセキュリティ」を生きる-「安全」「安心」と「幸福」との関係
  • 第1章 生命のセキュリティ-社会学、進化論、優生学、エンハンスメント
  • 第2章 幸福の社会指標化と政治-世論に基づく政治から幸福感覚の政治へ
  • 第3章 情報通信技術がもたらす社会変動とリスク-ネット炎上を考える
  • 第4章 地域社会の意味と存続可能性-地域社会に生きることの意味
  • 第5章 ペットと家族と地域社会のセキュリティ
  • 第6章 構築される貧困-生活保護バッシングと社会の範囲
  • 第7章 親密性と関係性の再編のために-家族・教育・ジェンダーというセキュリティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈社会のセキュリティ〉を生きる
著作者等 春日 清孝
楠 秀樹
牧野 修也
書名ヨミ シャカイ ノ セキュリティ オ イキル : アンゼン アンシン ト コウフク トノ カンケイ
書名別名 How to exist "social security"?

How to exist "social security"? : 「安全」「安心」と「幸福」との関係

Shakai no sekyuriti o ikiru
出版元 学文社
刊行年月 2017.4
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7620-2715-4
NCID BB23512603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22886279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想