「病いの経験」を聞き取る

蘭由岐子 著

療養所内外のハンセン病者が歩んだ生活史と思いを、一人ひとりの「病いの経験」を聞くフィールドワークにたずさわる自らの姿とともに描いた、社会学におけるライフヒストリー研究、質的調査法の画期をなした名著、文庫版となって待望の新版刊行!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ライフヒストリーを聞き取るということ(フィールドに出る、ライフヒストリーを聞き取る-「わたし」の経験
  • ハンセン病者研究の方法論的視座)
  • 第2部 ハンセン病者の「病いの経験」(ハンセン病者にとっての「家族」
  • 「悔い」を生きる
  • 「正直に」生きる
  • 「六つの名前」を生きる
  • 「社会」に生きる
  • 「訴訟期」を生きる
  • 「訴訟期療養所」というフィールドで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「病いの経験」を聞き取る
著作者等 蘭 由岐子
書名ヨミ ヤマイ ノ ケイケン オ キキトル : ハンセンビョウシャ ノ ライフ ヒストリー
書名別名 ハンセン病者のライフヒストリー
出版元 生活書院
刊行年月 2017.3
版表示 新版
ページ数 537p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86500-064-1
NCID BB23511804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22870017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想