分配的正義の歴史

サミュエル・フライシャッカー 著 ; 中井大介 訳

貧困に対する認識の変化の決定的局面とは?すべての人間が、一定の財やサービスの分け前に値する。このような認識は、いつどのように誕生したのか。本書は、「分配的正義」を手掛かりとして道徳・政治哲学の歴史を再構成することで、貧者や貧困にたいする価値観の変化を鮮明に描き出した傑作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アリストテレスからアダム・スミスへ(二種類の正義
  • 必要性という権利
  • 財産権
  • 共有の試みとユートピア的な著作
  • 救貧法)
  • 第2章 一八世紀(市民的平等-ルソー
  • 貧民像の変化-スミス
  • 人間がもつ等しい価値-カント
  • 正義のヴァンドーム法廷へ-バブーフ)
  • 第3章 バブーフからロールズへ(反動
  • 実証主義者たち
  • マルクス
  • 功利主義者たち
  • ロールズ
  • ロールズ以後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分配的正義の歴史
著作者等 Fleischacker, Samuel
中井 大介
フライシャッカー サミュエル
書名ヨミ ブンパイテキ セイギ ノ レキシ
書名別名 A SHORT HISTORY OF DISTRIBUTIVE JUSTICE
出版元 晃洋書房
刊行年月 2017.3
ページ数 250,25p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-2773-2
NCID BB23509019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22944977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想