天皇側近たちの奈良時代

十川陽一 著

古代における天皇側近とは、いかなる存在なのか。聖武天皇・光明皇后を中心とした人間関係や、内臣をはじめとする側近たちの活動から具体像に迫る。天皇家と律令制の下で側近が果たした役割を探り、古代国家像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 側近とは何者か-プロローグ
  • 日本古代史における側近の可能性
  • 側近のてがかり-天皇周辺の事業から
  • 側近の具体像・内臣
  • 側近の諸相
  • 内臣の変質と新しい側近の姿
  • 側近からみた日本の古代国家-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇側近たちの奈良時代
著作者等 十川 陽一
書名ヨミ テンノウ ソッキンタチ ノ ナラ ジダイ
書名別名 Tenno sokkintachi no nara jidai
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 447
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.5
ページ数 192p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05847-6
NCID BB23494964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22904688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想