情動コンピテンスの成長と対人機能 : 社会的認知理論からのアプローチ

野崎 優樹【著】

[目次]

  • 第1章 本書の目的と理論的背景(情動コンピテンスと情動知能の概念上の差異
  • 情動コンピテンスと適応 ほか)
  • 第2章 日本における情動コンピテンス-尺度の適用可能性の検討(情動コンピテンスプロフィールの心理測定学的特性の国際比較
  • 改訂版WLEISの作成)
  • 第3章 ストレス経験と情動コンピテンスの成長(最も大きなストレス経験時のレジリエンスおよびストレス経験からの成長と現在の情動コンピテンスとの関連
  • 大学入試に対する認知的評価とストレス対処が情動コンピテンスの成長感に及ぼす効果 ほか)
  • 第4章 情動コンピテンスと被排斥者に対する情動調整行動(情動コンピテンスと被排斥者の悲しみを調整する行動との関連
  • 情動コンピテンスと被排斥者の悲しみを調整する行動との関連-被排斥者の悲しみ表出の調整効果 ほか)
  • 第5章 総合考察(得られた結果のまとめ
  • 本研究の意義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情動コンピテンスの成長と対人機能 : 社会的認知理論からのアプローチ
著作者等 野崎 優樹
書名ヨミ ジョウドウコンピテンスノセイチョウトタイジンキノウ : シャカイテキニンチリロンカラノアプローチ
出版元 ナカニシヤ出版
刊行年月 2017.3.30
ページ数 207p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7795-1163-9
NCID BB23491208
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想