2050年の技術

英『エコノミスト』編集部 著 ; 土方奈美 訳

二〇〇〇年代初頭、シリコンバレーの『WIRED』誌では、「日本の女子高生ウォッチ」なるコラムが人気を博していた。日本の多機能のガラケーとそれを使いこなす女子高生は、未来を先取りしていると考えたのだ。それは、iPhoneの未来を予測していた-。こうした未来を予兆する「限界的事例」を現在に求めてみる。アフリカではスマホで当事者間が金融決済をしている。BMWi3の車体は、炭素繊維を編み上げて造っている。テクノロジー予測で全世界的な信頼を持つグローバルエリート誌が総力をあげて大胆予測!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 制約と可能性(日本のガラケーは未来を予測していた
  • ムーアの法則の終わりの先に来るもの
  • 第七の波、AIを制する者は誰か?
  • なぜデジタル革命では生産性向上がみられないか?
  • 宇宙エレベーターを生み出す方程式
  • 政府が「脳」に侵入する)
  • 第2部 産業と生活(食卓に並ぶ人造ステーキ
  • 医療はこう変わる
  • 太陽光と風力で全エネルギーの三割
  • 車は編まれ、住宅は印刷される
  • 曲がる弾丸と戦争の未来
  • ARを眼球に組み込む)
  • 第3部 社会と経済(人工知能ができないこと
  • プライバシーは富裕層だけの贅沢品に
  • 一〇億人の経済力が解き放たれる
  • 教育格差をこうして縮める
  • 働き方は創意を必要とされるようになる
  • テクノロジーは進化を止めない)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2050年の技術
著作者等 The Economist Newspaper Limited
エコノミスト社
土方 奈美
英『エコノミスト』編集部
書名ヨミ ニセンゴジュウネン ノ ギジュツ : エイ エコノミストシ ワ ヨソク スル
書名別名 MEGATECH

英『エコノミスト』誌は予測する

Nisengojunen no gijutsu
出版元 文藝春秋
刊行年月 2017.4
ページ数 380p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390640-9
NCID BB23488032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22895956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想