初学者のための数論入門

西来路文朗, 清水健一 著

ユークリッド『原論』に記された数論の話題-「完全数」「素数の無限性」「素因数分解」「作図問題」。本書はこの4つを入口として、フェルマー、オイラー、ガウスらの天才たちが築いてきた「数論」という高峰に挑むものである。その頂上は数学の専門家にさえ霞んで見えるほどの高峰であるが、工夫を凝らした解説により、代数的整数、素イデアル分解、超越数など、可能な限りの高みへと案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ユークリッド『原論』から
  • 完全数からメルセンヌ素数へ
  • メルセンヌ数の素因数
  • フェルマーの小定理とオイラーの定理
  • 素数の無限性
  • 2次式の素因数の法則性
  • 代数的整数と素因数分解
  • 素因数分解から素イデアル分解へ
  • 作図問題から超越数へ
  • 素数の分布
  • 数論の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初学者のための数論入門
著作者等 清水 健一
西来路 文朗
書名ヨミ ショガクシャ ノ タメ ノ スウロン ニュウモン
書名別名 Introduction to Number Theory for Beginners

Shogakusha no tame no suron nyumon
出版元 講談社
刊行年月 2017.4
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-219593-5
NCID BB2348452X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22893807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想