経済学入門

中村保, 大内田康徳 編著

私たちは平均的に見れば豊かな生活を実現している。それをもたらした原因とそれを支えている仕組みを体系的に整理しまとめたのが経済学。経済学の基礎を学ぶためには、中学校レベルの数学と、学ぶべきポイントを整理したこの教科書だけで十分。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済学へのナビゲーション
  • 第1部 ミクロ経済学(市場メカニズムの基礎
  • 需要曲線と消費者余剰
  • 供給曲線と生産者余剰
  • 市場の効率性
  • 部分均衡と一般均衡
  • 市場の失敗)
  • 第2部 マクロ経済学(GDPと国民所得会計
  • 総所得の決定と財政政策
  • 貨幣と物価
  • 投資関数と金融政策
  • 国際マクロ経済学入門
  • 経済成長入門
  • 経済学の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学入門
著作者等 中村 保
大内田 康徳
書名ヨミ ケイザイガク ニュウモン
書名別名 Keizaigaku nyumon
シリーズ名 MINERVAスタートアップ経済学 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.3
ページ数 280p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07919-3
NCID BB23481372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22888968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想