古地図からみた古代日本

金田章裕 著

日本は世界でも希有な古代の地図が多く伝存する。それらを現在の地形と照合し、山川・地形・耕地・建物の形態と彩色を分析。文献史料を合わせていかなる意図で描かれているのかを探り、景観と土地計画の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 古地図は過去の世界への扉
  • 第1章 世界最大の古代地図コレクション
  • 第2章 地図に表現された古代の土地管理法
  • 第3章 開拓と荘園図
  • 第4章 荘園図に描かれた農業施設
  • 第5章 荘園と関連施設の表現
  • 第6章 荘園図における彩色の意義
  • 第7章 荘園図に描かれた自然景観
  • 第8章 荘園図の表現法と土地の標記
  • 第9章 古代日本の地図
  • 第10章 古代国家と地図
  • 川と溝についての補論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古地図からみた古代日本
著作者等 金田 章裕
書名ヨミ コチズ カラ ミタ コダイ ニホン : トチ セイド ト ケイカン
書名別名 土地制度と景観

Kochizu kara mita kodai nihon
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.5
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06725-6
NCID BB23481306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22891956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想