戦争にチャンスを与えよ

エドワード・ルトワック 著 ; 奥山真司 訳

国連やNGOや他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのではなく、戦争を長引かせる。無理に停戦させても、紛争の原因たる「火種」を凍結するだけだ。本当の平和は、徹底的に戦った後でなければ訪れない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自己解題「戦争にチャンスを与えよ」
  • 2 論文「戦争にチャンスを与えよ」
  • 3 尖閣に武装人員を常駐させろ-中国論
  • 4 対中包囲網のつくり方-東アジア論
  • 5 平和が戦争につながる-北朝鮮論
  • 6 パラドキシカル・ロジックとは何か-戦略論
  • 7 「同盟」がすべてを制す-戦国武将論
  • 8 戦争から見たヨーロッパ-「戦士の文化」の喪失と人口減少
  • 9 もし私が米国大統領顧問だったら-ビザンティン帝国の戦略論
  • 10 日本が国連常任理事国になる方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争にチャンスを与えよ
著作者等 Luttwak, Edward
奥山 真司
Luttwak Edward N.
ルトワック エドワード
書名ヨミ センソウ ニ チャンス オ アタエヨ
シリーズ名 文春新書 1120
出版元 文藝春秋
刊行年月 2017.4
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661120-1
NCID BB23475256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22897276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想