心理学実験プログラミング

十河宏行 著

[目次]

  • 1 PythonとPsychoPyの準備(Standalone PsychoPyの準備
  • Pythonの基礎)
  • 2 PsychoPyによる実験の作成(基本的な実験スクリプトの構成
  • 一歩進んだPsychoPyの使い方
  • 刺激提示および反応時間計測の精度
  • 総仕上げ:視覚探索課題)
  • 3 より高度な実験を実現するためのデータ処理(実験データの処理
  • 音声データの加工
  • 画像データの加工
  • 実験実行中のデータ処理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学実験プログラミング
著作者等 十河 宏行
書名ヨミ シンリガク ジッケン プログラミング : パイソン サイコパイ ニ ヨル ジッケン サクセイ データ ショリ
書名別名 Python/PsychoPyによる実験作成・データ処理

Shinrigaku jikken puroguramingu
シリーズ名 実践Pythonライブラリー
出版元 朝倉書店
刊行年月 2017.4
ページ数 182p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-254-12891-8
NCID BB23470456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22889383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想