極値問題の理論

A.D. イオッフェ, V.M. ティコミロフ 著 ; 細矢祐誉, 虞朝聞 訳

本書は、バナッハ空間における微分法と凸解析を基礎に、最適性の必要条件の一般原理であるラグランジュの原理を定式化する。最初の六つの章と第10章は極値理論の基礎と最適性の必要条件を扱い、ことに10章では自然科学、工学、経済学、幾何学、解析学、近似理論に登場する異なる極値問題を統一的な手法で考察する。残りの章では、最適性の十分条件と解の存在、凸解析の展開を考察する。特に17世紀にベルヌーイが開発した変分法は物理学や力学などに貢献したが、第二次世界大戦直前から経済学や工学により提起された問題から、フォン・ノイマンやカントロビッチらにより数理経済学の基礎が作られ、ゲーム理論、数理計画法、ORなどが誕生し、さらに産業・技術活動を制御する最適制御理論へと展開した。今後、数理科学の主要な分析手法の基礎文献として必読書となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論:背景にある題材
  • 極小点の必要条件
  • 変分法・最適制御の古典的問題における極小点の必要条件
  • 凸解析の基礎
  • 局所凸解析
  • 局所凸問題と相制約付き最適制御問題の最大値原理
  • 特別な問題
  • 極小点の十分条件
  • 可測多価写像と積分汎関数の凸解析
  • 変分法と最適制御における問題の解の存在
  • 理論の諸問題への応用
  • 問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極値問題の理論
著作者等 Ioffe, Alexander Davidovich
Tikhomirov, Vladimir M.
Tikhomirov, Vladimir Mikhăilovich
細矢 祐誉
虞 朝聞
Ioffe A.D.
Tikhomirov V.D.
ティコミロフ V.M.
イオッフェ A.D.
書名ヨミ キョクチ モンダイ ノ リロン
書名別名 Theory of extremal problems
シリーズ名 数理経済学叢書 / 岩本誠一, 楠岡成雄, グレーヴァ香子, 武隈愼一, 原千秋, 俣野博, 丸山徹 編 7
出版元 知泉書館
刊行年月 2017.3
ページ数 602p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-251-9
NCID BB23464125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22888134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想