発達心理学・再入門

アラン・M・スレーター, ポール・C・クイン 編 ; 加藤弘通, 川田学, 伊藤崇 監訳

発達心理学の形成に貢献し、今も論文やテキストに引用され続けている重要研究は、どのように登場し、批判され、乗り越えられようとしているのか。私たちの認識を、どのように深め、広げたのか。誰もが立ち戻って学ぶべき鍵となる研究を精選、その分野の第一人者が現在の理論的・実証的な見地から解説した新感覚の発達心理学・再入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アタッチメントと早期の社会的剥奪-ハーロウのサルの研究再訪
  • 条件づけられた情動反応-ワトソンとレイナーの「アルバート坊や実験」を越えて
  • 崖っぷちの乳児-視覚的断崖を超えて
  • ピアジェ再訪-子どもの問題解決能力の研究からの一展望
  • 乳児期における模倣-メルツォフとムーア(1977)の研究再訪
  • 乳児期における対象の永続性-ベイラージョンの跳ね橋実験再訪
  • 子どもの目撃記憶と被暗示性-セシとブルックのレビュー(1993)再訪
  • IQはどれほど上げることができるのか?-ジェンセン(1969)の問いと答えへの最新の展望
  • 読みとつづり-ブラッドリーとブライアントの研究再訪
  • 心の理論と自閉症-バロン=コーエンたちのサリーとアン課題を超えて
  • 道徳性の発達-コールバーグの段階再訪
  • 攻撃性-バンデューラのボボ人形研究を超えて
  • 言語発達-エイマスたちによる/ba/と/pa/の弁別研究再訪
  • 子どもにおけるレジリエンス-ラターの名著とその後の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達心理学・再入門
著作者等 Quinn, Paul C
Slater, Alan
伊藤 崇
加藤 弘通
川田 学
Slater Alan M.
クイン ポール・C.
スレーター アラン・M.
書名ヨミ ハッタツ シンリガク サイニュウモン : ブレークスルー オ ウンダ ジュウヨン ノ ケンキュウ
書名別名 Developmental Psychology

ブレークスルーを生んだ14の研究

Hattatsu shinrigaku sainyumon
出版元 新曜社
刊行年月 2017.3
ページ数 283p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1521-5
NCID BB23458144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22880925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
IQはどれほど上げることができるのか? ウェンディ・ジョンソン, 田邊李江
はじめに アラン・M・スレーター, ポール・C・クイン, 加藤 弘通
アタッチメントと早期の社会的剥奪 ロジャー・コバック, 及川智博
ピアジェ再訪 デイビット・クラー, 浅川淳司
乳児期における対象の永続性 ジョーディ・カウフマン, デニス・マレシャル, 常田美穂
乳児期における模倣 アラン・M・スレーター, 竹森未知
子どもにおけるレジリエンス アン・S・マステン, 伊藤詩菜
子どもの目撃記憶と被暗示性 ケリー・マクウィリアムズ, スー・D・ホッブス ほか, ダニエル・ベデリアン-ガードナー, 上宮愛
崖っぷちの乳児 カリ・S・クレッチ, カレン・E・アドルフ, マークルス・ユーリ・オン, 川田 学
心の理論と自閉症 コラリー・シュヴァリエ, 古見文一
攻撃性 ジェニファー・E・ランスフォード, 穴水ゆかり
条件づけられた情動反応 トーマス・H・オレンディック, トーマス・M・シャーマン, ピーター・ムリス ほか, 松本博雄
言語発達 リチャード・N・アスリン, 伊藤 崇
読みとつづり ウシャ・ゴスワミ, 岩田みちる
道徳性の発達 カン・リー, ゲイル・D・ヘイマン, 水野君平
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想