リバタリアニズムを問い直す

福原明雄 著

自由主義経済の擁護か平等主義的な再分配政策か。右派左派に引き裂かれたリバタリアニズムの議論状況を整理し、擁護されるべき「自由」とは何かを根底から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-リバタリアニズムの状況から
  • 第1章 リバタリアニズムの自画像を描き直す-国家規模論から分配原理論へ
  • 第2章 リバタリアニズムと正当化根拠
  • 第3章 自己所有権と「リバタリアニズムの人間観」
  • 第4章 自己所有権と自由-干渉の欠如から、自己所有権に形態を規定された自由へ
  • 第5章 リバタリアニズムと分配原理-「中道リバタリアニズム」への道案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リバタリアニズムを問い直す
著作者等 福原 明雄
書名ヨミ リバタリアニズム オ トイナオス : ウハ サハ タイリツ ノ サキ エ
書名別名 Libertarianism Re-examined

Libertarianism Re-examined : 右派/左派対立の先へ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2017.4
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-1156-1
NCID BB23447636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22893847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想