持続可能な開発目標とは何か

蟹江憲史 編著

2015年9月の国連総会で決定した持続可能な開発目標(SDGs)は、ミレニアム開発目標(MDGs)に代わる国際開発目標として、2030年の世界のあり方を導こうというものであり、本書はSDGsに関する最初の概説書である。従来型の開発パターンから、サスティナビリティへ向けた変革を促すために必要なことは何か。特徴や内容紹介のほか、扱う課題などをわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 持続可能な開発のための2030アジェンダとは何か-SDGsの概要と背景
  • 第1部 ミレニアム開発目標からSDGsへ(ミレニアム開発目標における経験と反省-何が出来て何が出来なかったのか?
  • 環境資源制約下での持続可能性の評価とSDGs)
  • 第2部 環境と開発の統合と持続可能な開発目標-具体的課題への取組み(サステイナビリティ指標-持続可能な開発をいかに測るか?
  • 「ネクサス」とSDGs-環境・開発・社会的側面の統合的実施へ向けて
  • 教育におけるSDGs-「量」から「質」への転換と課題
  • 保健衛生問題からみるSDGs-新たな非感染症疾患としての肥満問題と、処方箋としてのヘルスリテラシー
  • エネルギーと気候変動-持続可能な開発に向けたレジリエンスとイノベーション
  • 環境と経済発展-21世紀型発展へ向けて)
  • 第3部 実施に向けて(21世紀の新グローバル・ガバナンス戦略-目標設定によるガバナンスとSDGs
  • 国際開発資金動員と国内実施へ向けた課題
  • 国連目標の実施-国連目標と国別・ステークホルダー別目標をどうつなげるか?
  • ボトムアップ・アプローチによるSDGsへの挑戦-人々を中心に据えたSDGs達成へ向けた課題
  • 統合目標形成へ向けて-SDGs達成に向けた日本への処方箋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 持続可能な開発目標とは何か
著作者等 蟹江 憲史
書名ヨミ ジゾク カノウ ナ カイハツ モクヒョウ トワ ナニカ : ニセンサンジュウネン エ ムケタ ヘンカク ノ アジェンダ
書名別名 2030年へ向けた変革のアジェンダ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.3
ページ数 310p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07779-3
NCID BB23438373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22883940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想