ガリラヤからローマへ

松本宣郎 [著]

イエスがローマ総督によって処刑されたとき、帝国にとってまだそれは辺境属州の些細なできごとでしかなかった。しかし、やがて彼を神の子と信ずる奇妙な集団が都市にあらわれる。キリスト教徒と呼ばれたいかがわしく忌まわしい存在は、迫害を乗り越え、徐々に信徒の数と伝道の地域を拡大していく。地中海世界そのものをかえた心性のドラマを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キリスト教徒の誕生(ガリラヤのイエス
  • イエスからパウロへ)
  • 第2章 迫害の心性(迫害、その現実
  • キリスト教徒とは何だったのか
  • 「キリスト教徒たる名そのもの」)
  • 第3章 ローマ都市のパフォーマンス(地中海都市の素顔
  • 富める者と貧しき者
  • 奴隷の信仰
  • キリスト教徒のイメージ)
  • 第4章 性の革命(古代都市民にとっての性
  • 性の饗宴
  • 性と罪)
  • 第5章 魔術師としてのイエス(魔術の風景
  • 魔術師イエスとその弟子たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリラヤからローマへ
著作者等 松本 宣郎
書名ヨミ ガリラヤ カラ ローマ エ : チチュウカイ セカイ オ カエタ キリスト キョウト
書名別名 地中海世界をかえたキリスト教徒
シリーズ名 講談社学術文庫 2426
出版元 講談社
刊行年月 2017.4
ページ数 341p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292426-9
NCID BB23434656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22888523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想