物語論基礎と応用

橋本陽介 著

人間だけが物語を語り、物語によって現実を理解する。では、「おもしろい物語」とは、どのように作られているのか。プロップ、バルト、ジュネットらの理論を紹介し、具体的な作品の分析から、その設計図を明らかにする。最もわかりやすいナラトロジーの教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編(「物語」の形態学
  • 物語に流れる「時間」
  • 視点と語り手
  • 日本語の言語習慣
  • ノンフィクションは「物語」か
  • 物語論への批判)
  • 第2部 分析編(「おもしろい展開」の法則
  • 叙述のスピードと文体
  • 登場人物の内と外
  • さまざまな語りの構造
  • 「物語」のこれから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語論基礎と応用
著作者等 橋本 陽介
書名ヨミ モノガタリロン キソ ト オウヨウ
書名別名 Monogatariron kiso to oyo
シリーズ名 講談社選書メチエ 647
出版元 講談社
刊行年月 2017.4
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258650-4
NCID BB23428063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22899939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想