ヨハネス・コメニウス

相馬伸一 著

チェコに生まれ、宗教対立が荒れ狂う17世紀のヨーロッパで苦難の人生を生きたヨハネス・コメニウス。異端判決を受けて処刑されたヤン・フスの系譜を継いだ神学者。チェコ語文学の古典『地上の迷宮と心の楽園』を書いた文学者。『世界図絵』などの教科書を残した教育学者。さまざまな君主と関係をもち、献策した政治活動家。多方向に展開されたその活動の根底にあったのは世界のすべてを把握する「汎知学(パンソフィア)」の構想だった。近代ヨーロッパの源流に立つ知の巨人の全貌を「光」をキーワードにして概観する、初の入門書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 コメニウスに光を
  • 第1章 地上の迷宮
  • 第2章 パンソフィアにおける人間と世界
  • 第3章 開かれた心への教育
  • 第4章 言語への開かれた問い
  • 第5章 地上の平和への道
  • 第6章 闇の中に光を
  • 第7章 歴史への贈与

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨハネス・コメニウス
著作者等 相馬 伸一
書名ヨミ ヨハネス コメニウス : ハンチガク ノ ヒカリ
書名別名 汎知学の光
シリーズ名 講談社選書メチエ 646
出版元 講談社
刊行年月 2017.4
ページ数 317p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258649-8
NCID BB23427774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22899938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想