たべもの芳名録

神吉拓郎 著

食べ物の味は、思い出と、ささやかな薀蓄、そしてちょっとのこだわりで奥が深くなる。ビフテキの表情をうかがい、鮓が届く前の予感を楽しみ、「カツソバは冷やしにかぎる」と忠告する。「鯛」「うなぎ」「天ぷら」「ふぐ」「カレー」「じゃがいも」などなど、洒脱な文章で雅俗とりまぜた食材の真髄と広がりを官能的に描き出す、食べ物エッセイの古典的傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鮓が来そうな日
  • ヒヨシガリの海
  • 肉それぞれの表情
  • 飲茶永日
  • 鯛の鯛
  • サラダと人情
  • じゃがいも畑のじゃがいも作り
  • 天ぷら盛衰記
  • 丸にうの字
  • 鮎の顔つき〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たべもの芳名録
著作者等 神吉 拓郎
書名ヨミ タベモノ ホウメイロク
シリーズ名 ちくま文庫 か70-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.4
ページ数 274p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43437-1
NCID BB23421392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22887784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想