近東の地政学

アレクサンドル・ドゥフェ 著 ; 幸田礼雅 訳

本書は、中東のなかでも中心的部分であり、紛争と緊張の舞台となってきた地域-近東をとりあげる。第一部では、近東とその地域をとりまく大国の展望を分析し、第二部では、それぞれの展望から生まれる力関係と紛争について検討する。歴史・地理・宗教・社会・政治、どの側面からみても複雑なこの地域の紛争の解説を、地政学という観点から試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 展望過剰の空間(局地的な立役者たち(イスラエル、パレスチナ、近隣のアラブ諸国)
  • 大国ならびに超大国の展望)
  • 第2部 政治過剰の空間(近東空間の政治構造理論
  • 政治的・経済的、社会的緊張と民族の憤激)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近東の地政学
著作者等 Defay, Alexandre
幸田 礼雅
ドゥフェ アレクサンドル
書名ヨミ キントウ ノ チセイガク : イスラエル パレスチナ キンリン ノ アラブ ショコク
書名別名 Géopolitique du Proche-Orient

イスラエル、パレスチナ、近隣のアラブ諸国

Kinto no chiseigaku
シリーズ名 文庫クセジュ 1011
出版元 白水社
刊行年月 2017.4
ページ数 154,8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-51011-7
NCID BB2341830X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22893806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想