発話のはじめと終わり

小野寺典子 編 ; Joseph V.Dias, 東泉裕子, 小野寺典子, 澤田淳, Elizabeth Closs Traugott [執筆] ; 岩井恵利奈, 柴﨑礼士郎 訳

[目次]

  • 第1部 理論・方法(周辺部研究の基礎知識)
  • 第2部 ケーススタディ(「節周辺」と同領域に生起する語用論標識の構文的考察
  • 語用論的調節・文法化・構文化の起きる周辺部-「こと」の発達を例に
  • 近代日本語における左右の周辺部表現の発達-『太陽コーパス』に見る接続助詞「から」の用法を中心に
  • 日本語の卑罵語の歴史語用論的研究-「〜やがる(あがる)」の発達を中心に
  • 周辺部のsort/kind of-台本の対話に見られるメタ語用論的遊びと複雑な相互作用/テクスト的効果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発話のはじめと終わり
著作者等 Dias, Joseph V
Traugott, Elizabeth Closs
小野寺 典子
岩井 恵利奈
東泉 裕子
柴崎 礼士郎
柴﨑 礼士郎
澤田 淳
書名ヨミ ハツワ ノ ハジメ ト オワリ : ゴヨウロンテキ チョウセツ ノ ナサレル バショ
書名別名 Periphery:Where Pragmatic Meaning is Negotiated

Periphery:Where Pragmatic Meaning is Negotiated : 語用論的調節のなされる場所

Hatsuwa no hajime to owari
シリーズ名 青山学院大学総合研究所叢書
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2017.3
ページ数 268p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89476-843-7
NCID BB23408598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22886534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想