医療化するアメリカ

平体由美, 小野直子 編著

20世紀初頭に社会の医療化を推進したさまざまなアクターの活動を通して、かつては個人の自由と裁量に任されていた健康問題が公的な意味を持ち、制度化されていく過程を描く。医療から、アメリカの政治、法律、経済、人種・民族問題などが見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 知的障害をめぐるポリティクス-「精神薄弱者問題」と移民制限
  • 第2章 ヘンリー通りセツルメントと医療、社会、政治-二〇世紀転換期ニューヨーク市における「訪問看護」の現場から
  • 第3章 産業看護婦による移民のアメリカ化-安全運動と訪問看護運動との協働
  • 第4章 農村住民の健康意識改革にむけて-二〇世紀初頭南部のコミュニティ・ヘルスワークとその限界
  • 第5章 二〇世紀前半までのアメリカ病院制度の発展-「公共空間」の主導権をめぐる争い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療化するアメリカ
著作者等 上野 継義
小野 直子
山岸 敬和
平体 由美
松原 宏之
書名ヨミ イリョウカ スル アメリカ : シンタイ カンリ ノ ニジュッセイキ
書名別名 The Medicalization of America

The Medicalization of America : 身体管理の20世紀

Iryoka suru amerika
出版元 彩流社
刊行年月 2017.3
ページ数 259p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-2293-4
NCID BB2339550X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想