憲法サバイバル

ちくま新書編集部 編

いま、憲法は様々な視点から議論されている。すでに時代状況にあわなくなったから改正すべきという動きがある一方で、平和憲法としての価値をまもり通すべきという意見もある。日本国憲法はその成立過程を考えると、「戦争」とどうしても切り離すことはできない。また、「憲法」と「戦争」をつなぐものとして、天皇制も議論の俎上にあがっている。時代の節目に立たされている私たちがこれらの問題について考えるための対談を収録した一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 憲法と歴史の交差点(山田風太郎の描いた幸徳秋水
  • 君主制原理の矛盾 ほか)
  • 第2章 戦後の憲法の役割(九条の会はいかにしてできたのか
  • 自民党の系譜 ほか)
  • 第3章 これからの「戦争と平和」(「戦争と平和」はどこが間違っているのか
  • 「平和」と言いすぎると戦争になってしまう? ほか)
  • 第4章 本当の天皇の話をしよう(意外な二人が天皇について話す
  • 国体は生き残ったのか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法サバイバル
著作者等 上野 千鶴子
伊勢崎 賢治
佐高 信
冨澤 暉
加藤 陽子
森 達也
白井 聡
筑摩書房
長谷部 恭男
ちくま新書編集部
書名ヨミ ケンポウ サバイバル : ケンポウ センソウ テンノウ オ メグル ヨッツ ノ タイダン
書名別名 「憲法・戦争・天皇」をめぐる四つの対談

Kenpo sabaibaru
シリーズ名 ちくま新書 1250
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.4
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06953-5
NCID BB23393832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22907545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想