建築から見た日本古代史

武澤秀一 著

建築とは、権力者たちが駆使した政治的言語である-。日本誕生の舞台となる古代において建築は、権力者が自らの権威を明らかにし、体現する文明の壮大さ、美意識の優越を高らかに宣言する最大最強のメディアであった。飛鳥寺、法隆寺、四天王寺から本薬師寺、伊勢神宮式年遷宮にいたるまで、建築様式や構造、配置パターンのなかに、母系と父系、天皇と律令、ナショナリズムと文明開化、それぞれの葛藤と融合を見いだし、まったく新しい日本古代史を組み上げ提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 開化(仏教公伝はどのような場でおこなわれたのか
  • 仏教公伝とその後
  • 飛鳥寺の出現
  • 馬子の国家デザイン)
  • 2 胎動(画期としての舒明王権
  • テロにはじまる大化改新
  • 法隆寺は二度生まれた
  • 「天皇」の用語法について
  • 天智と天武のあいだ)
  • 3 誕生(革命敢行
  • 飛鳥凱旋
  • 藤原京建設
  • 後継の闇からアマテラスの成立へ
  • 持統天皇の伊勢神宮
  • 「生前退位」による「万世一系」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築から見た日本古代史
著作者等 武沢 秀一
書名ヨミ ケンチク カラ ミタ ニホン コダイシ
書名別名 Kenchiku kara mita nihon kodaishi
シリーズ名 ちくま新書 1247
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.4
ページ数 426p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06956-6
NCID BB23393672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22909331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想