人工知能を超える人間の強みとは

奈良潤 著

人工知能が単純作業から高度な知的作業までこなせるようになり、これまでの人間の価値が見直しを迫られている。かといって、人間が直面するあらゆる繊細な問題を解決するうえで、人工知能が常に正しい判断と意思決定ができるとはかぎらない。正視眼で人工知能の可能性を見極めるにはどうすればいいか?人間の可能性を引き出すためには、何をすべきか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人工知能は必ずしも万能ではない
  • 第2章 人間の強みは「直観」にある
  • 第3章 直観的思考とアルゴリズム的思考はどう違うのか
  • 第4章 直観を高める6つの認知科学的トレーニング方法
  • 第5章 直観を高める8つのコツ
  • 第6章 人間だからこそできることとは
  • 第7章 人工知能時代の教育と生き方を模索する
  • 第8章 直観VS.人工知能の先にあるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人工知能を超える人間の強みとは
著作者等 奈良 潤
書名ヨミ ジンコウ チノウ オ コエル ニンゲン ノ ツヨミ トワ
書名別名 Jinko chino o koeru ningen no tsuyomi towa
出版元 技術評論社
刊行年月 2017.3
ページ数 333p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-8795-2
NCID BB2339097X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22872616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想