ハイパーワールド

池上英子 著

大人になった自閉症の人は世界をどう見ているか。米国では約50人に1人いると言われる「自閉症スペクトラム」の人たち。仮想空間で遭遇した自閉症の人々が語っていた内面世界は、情報を過剰なままに取り込んでいる強烈な脳内景色、ハイパーワールドだった。「自閉症」の社会史への深い洞察と、仮想エスノグラフィーから見える世界を斬新にリポートする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自閉症と出会う-仮想する脳を旅して(仮想世界で自分と出会う人々
  • 仮想エスノグラフィー、事始め)
  • 第2章 自閉症の社会史-カテゴリーは人をどう動かしてきたか(自閉症カテゴリーの発達
  • 自閉症の登場
  • 「自閉症」のカミングアウト
  • ハリウッドの貢献
  • 親たちを不安にさせた自閉症の原因説
  • 発言し、行動する親たちと市民団体
  • コンピュータと脳神経科学の時代のニューロダイバーシティ)
  • 第3章 過剰なる脳内世界-仮想空間の自閉症アバターたち(自閉症的経験を考える
  • 概念の規定なしに直接体験される世界
  • 自閉症自助グループに集うアバターたち
  • アバターが語る自閉症体験)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイパーワールド
著作者等 池上 英子
書名ヨミ ハイパー ワールド : キョウカン シアウ ジヘイショウ アバタータチ
書名別名 共感しあう自閉症アバターたち

Haipa warudo
出版元 NTT
刊行年月 2017.3
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-4347-0
NCID BB23371239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22858911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想