恩人の思想

山折哲雄 著

日本人が忘れかけた「人の恩」-半生の回想を通じて、「義理」や「情」を超え、「善悪」や「正邪」では判断できない「恩」とは何かを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三人の恩人-金倉圓照先生・神田龍一さん・藤井日達上人
  • 「恩人」という言葉
  • 国破れて山河あり
  • 坊の津への旅
  • 鈴木学術財団へ
  • 吐血・入院そして、春秋社へ
  • 『人間蓮如』出版まで
  • 「ナムミョーホーレンゲキョウ」
  • 藤井日達上人とは
  • 藤井上人の思想行動
  • インドの匂い
  • 善人・悪人・恩人
  • 漱石の『虞美人草』と『こゝろ』
  • 「恩」という債務を最大限背負う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恩人の思想
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ オンジン ノ シソウ : ワガ ハンセイ ツイオク ノ ヒトビト
書名別名 わが半生追憶の人びと
シリーズ名 セミナー・知を究める 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.2
ページ数 239,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07989-6
NCID BB23367810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22862816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想