パキスタン財閥のファミリービジネス

川満直樹 著

本書では、パキスタンの経済発展過程を分離独立から1950、60、70、80年代の4つの時期に区分し捉える。パキスタン経済の発展を支える財閥のファミリービジネスの特徴を述べると同時に、イスラーム圏の特徴を持った経済システム、そして政権との関係を検討し、イスラーム圏における後発工業化の初期段階の様相を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 後発国パキスタンの工業化と財閥
  • 第1章 パキスタン経済と財閥
  • 第2章 ハビーブ財閥
  • 第3章 アーダムジー財閥
  • 第4章 ダーウード財閥
  • 第5章 アトラス財閥
  • 第6章 ビボージー財閥
  • 第7章 ラークサン財閥
  • 第8章 ファミリービジネスにおける一族員・傘下企業・株式所有
  • 終章 パキスタン財閥におけるビジネスの継承

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パキスタン財閥のファミリービジネス
著作者等 川満 直樹
書名ヨミ パキスタン ザイバツ ノ ファミリー ビジネス : コウハツコク ニ オケル コウギョウカ ノ ハッテン ドウリョク
書名別名 後発国における工業化の発展動力
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.3
ページ数 304p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07856-1
NCID BB23364812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想