人工知能の核心

羽生善治, NHKスペシャル取材班 著

二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ"引き算"の思考を始めた」とする。もはや人間は人工知能に勝てないのか。しかし、そもそも勝たなくてはいけないのか-。天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、"人工知能本"の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人工知能が人間に追いついた-「引き算」の思考(アルファ碁の衝撃
  • デミス・ハサビスとの対話 ほか)
  • 第2章 人間にあって、人工知能にないもの-「美意識」(ロボットは、見知らぬ家でコーヒーを淹れられるか
  • 棋士は何手先まで読めるのか ほか)
  • 第3章 人に寄り添う人工知能-感情、倫理、創造性(人工知能は「接待」できるのか
  • 孫正義が掲げるヴィジョン ほか)
  • 第4章 「なんでもできる」人工知能は作れるか-汎用性と言語(人工知能は三つに分かれる
  • 「フレーム問題」を考える ほか)
  • 第5章 人工知能といかにつき合えばいいのか(二〇〇七年の発言
  • 一〇〇億の人間と一〇〇億のロボットが共存する社会 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人工知能の核心
著作者等 NHKスペシャル取材班
日本放送協会
羽生 善治
書名ヨミ ジンコウ チノウ ノ カクシン
シリーズ名 NHK出版新書 511
出版元 NHK
刊行年月 2017.3
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088511-6
NCID BB2336071X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想