ドゥルーズと多様体の哲学

渡辺洋平 著

ドゥルーズが独自の思想を展開した書物(『差異と反復』『意味の論理学』『シネマ』『ディアローグ』『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『哲学とは何か』)を中心に、出来事、強度、多様体、ノマド、欲望、芸術といったテーマから徹底読解。その哲学の全体像を描き出すとともに、20世紀思想の可能性を再構築する意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ドゥルーズの哲学とは何か
  • 第1章 非本質的なものの思想
  • 第2章 映画論からひとつの政治史へ
  • 第3章 強度と非有機的生命
  • 第4章 多様体の論理とノマドロジー
  • 第5章 欲望と無意識
  • 第6章 芸術とともに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドゥルーズと多様体の哲学
著作者等 渡辺 洋平
書名ヨミ ドゥルーズ ト タヨウタイ ノ テツガク : ニジッセイキ ノ エピステモロジー ニ ムケテ
書名別名 二○世紀のエピステモロジーにむけて
出版元 人文書院
刊行年月 2017.2
ページ数 367p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-03093-6
NCID BB23333750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22922038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想