狩猟採集民からみた地球環境史

池谷和信 編

[目次]

  • 狩猟採集民からみた地球環境史
  • 1 先史狩猟採集民の定住化と自然資源利用(東南アジア・オセアニア海域に進出した漁撈採集民と海洋適応
  • 気候変動と定住化・農耕化-西アジア・日本列島・中米 ほか)
  • 2 農耕民との共生、農耕民・家畜飼養民への変化(狩猟採集と焼畑の生態学
  • 東南アジア島嶼部における狩猟採集民と農耕民との関係 ほか)
  • 3 王国・帝国・植民地と狩猟採集民(北東アジア経済圏における狩猟採集民と長距離交易
  • 統治される森の民-マレー半島におけるオラン・アスリと隣人との関係史 ほか)
  • 4 近代化と狩猟採集民(狩猟採集民の定住化と人口動態-半島マレーシアのネグリトにおける事例分析
  • 国立公園の普及と中部アフリカの狩猟採集民 ほか)
  • 地球の先住者から学ぶこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狩猟採集民からみた地球環境史
著作者等 池谷 和信
書名ヨミ シュリョウ サイシュウミン カラ ミタ チキュウ カンキョウシ : シゼン リンジン ブンメイ トノ キョウセイ
書名別名 Global Environmental History of Hunter-Gatherers

Global Environmental History of Hunter-Gatherers : 自然・隣人・文明との共生
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.3
ページ数 307p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-060317-1
NCID BB23318393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22880015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アマゾンの森林開発のもとでの現代的な民族間関係 大橋麻里子
コンゴ盆地におけるピグミーと隣人の関係史 大石高典
ボルネオの狩猟採集民の祖先は「狩猟採集民」か「農耕民」か 小泉都
北東アジア経済圏における狩猟採集民と長距離交易 手塚薫
南の海の狩猟民と隣人 関野吉晴
南西アフリカ〈ナミビア〉北中部のサンの定住化・キリスト教化 高田明
古代アンデス狩猟採集民の農耕民化 鶴見英成
国立公園の普及と中部アフリカの狩猟採集民 服部志帆
地球の先住者から学ぶこと 池谷 和信
東南アジア・オセアニア海域に進出した漁撈採集民と海洋適応 小野林太郎
東南アジア島嶼部における狩猟採集民と農耕民との関係 金沢謙太郎
森のキャンプ・定住村・町をまたぐ狩猟採集民 加藤裕美
植民地時代のピグミー 松浦直毅
気候変動と定住化・農耕化 那須浩郎
熱帯高地アンデスにおける狩猟民から家畜飼養民への道 稲村哲也
狩猟採集から複合生業へ 八塚春名
狩猟採集と焼畑の生態学 佐藤廉也
狩猟採集民からみた地球環境史 池谷 和信
狩猟採集民の定住化と人口動態 小谷真吾
狩猟採集民・農耕民・文明人における病気と病 山本太郎
統治される森の民 信田敏宏
西アジア先史時代における定住狩猟採集民社会 三宅裕
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想