中国のフロンティア

川島真 著

大国として台頭し、活動をグローバルに拡大させている中国。その存在が浸透しているフロンティアでは何が起き、それがどのように語られているのか。ザンビアやマラウイなどのアフリカ諸国、中国と隣接する東南アジア、台湾と中国の狭間に位置する金門島などを訪ね歩いた研究者が、現地の目線で「ふくらむ中国」を見つめ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フロンティアから中国を考える
  • 第1部 アフリカの中国人、中国のアフリカ人(アフリカの「保定村」物語-中国人農業移民
  • 広州のアフリカ人街-中国に進出するアフリカ商人とその苦衷
  • 雑誌『非洲』の世界-中国の"公共外交")
  • 第2部 マラウイはなぜ中国を選んだのか(マラウイと中国の国交正常化
  • マラウイと台湾の断交)
  • 第3部 溢れ出す中国-周辺外交の舞台(中国・ASEAN南寧博覧会参観記
  • 二一世紀の援蒋ルート-雲南・ミャンマー国境
  • 東チモールから見る中国-マカオ・フォーラムと葡語スクール)
  • 第4部 中華圏の内なるフロンティア-金門島から見る(金門島の経験した近代
  • 金門アイデンティティを求めて)
  • 運動体としての中国をとらまえること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国のフロンティア
著作者等 川島 真
書名ヨミ チュウゴク ノ フロンティア : ユレウゴク キョウカイ カラ カンガエル
書名別名 揺れ動く境界から考える
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1652
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.3
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431652-7
NCID BB23315136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22883446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想