日本ノンフィクション史

武田徹 著

「非」フィクションとして出発したノンフィクション。本書は戦中の記録文学から、戦後の社会派ルポルタージュ、週刊誌ジャーナリズム、『世界ノンフィクション全集』を経て、七〇年代に沢木耕太郎の登場で自立した日本のノンフィクション史を通観。八〇年代以降、全盛期の雑誌ジャーナリズムを支えた職業ライターに代わるアカデミシャンの活躍をも追って、「物語るジャーナリズム」のゆくえと可能性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ルポルタージュと従軍報告-大宅壮一とノンフィクション1
  • 第2章 社会派ルポルタージュと新中間層の擡頭-大宅壮一とノンフィクション2
  • 第3章 トップ屋たちの蠢動-梶山季之と草柳大蔵の引力と斥力
  • 第4章 古今東西森羅万象を描き出す-筑摩書房『世界ノンフィクション全集』
  • 第5章 テレビの参入-ドキュメンタリー映画から『ノンフィクション劇場』へ
  • 第6章 ニュージャーナリズムと私ノンフィクション-大宅壮一ノンフィクション賞と沢木耕太郎
  • 第7章 なんとなく、ケータイ小説まで-文学とアカデミズムの間に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本ノンフィクション史
著作者等 武田 徹
書名ヨミ ニホン ノンフィクションシ : ルポルタージュ カラ アカデミック ジャーナリズム マデ
書名別名 ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで

Nihon nonfikushonshi
シリーズ名 中公新書 2427
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.3
ページ数 290p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102427-5
NCID BB23314803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22883800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想