なぜ、地形と地理がわかると現代史がこんなに面白くなるのか

三城俊一 著 ; 関真興 監修

全50項目に地図がついてよくわかる!「なぜ、その場所起きたのか」-。第一次世界大戦以降の世界情勢を知れば"いま"がわかる。変わりつつある世界秩序を理解するために一〇〇年の現代史を、地形的・地理的要因から読み直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二つの世界大戦は何を生んだのか(なぜ、イギリスは世界を支配できたのか
  • なぜ、ドイツは英仏露(三国協商)と対立したのか ほか)
  • 第2章 新たな国際秩序の成立と残された禍根(なぜ、ヨーロッパに「鉄のカーテン」が敷かれたのか
  • なぜ、インドとパキスタンは対立が続くのか ほか)
  • 第3章 東西冷戦の激化と終焉(なぜ、キューバをめぐって米ソが衝突したのか
  • なぜ、アフリカ諸国では紛争が続くのか ほか)
  • 第4章 現代世界が抱える国際問題(なぜ、イラクはクウェートに侵攻したのか
  • なぜ、アパルトヘイトは撤廃されたのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、地形と地理がわかると現代史がこんなに面白くなるのか
著作者等 三城 俊一
関 真興
書名ヨミ ナゼ チケイ ト チリ ガ ワカル ト ゲンダイシ ガ コンナ ニ オモシロク ナル ノカ
シリーズ名 歴史新書
出版元 洋泉社
刊行年月 2017.3
ページ数 193p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8003-1177-1
NCID BB23314257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22863872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想