帝国大学

天野郁夫 著

今なお大きな存在感を持つ旧七帝大。明治維新後、西欧の技術を学ぶため、一八八六年の帝国大学令により設立が始まった。本書では、各地域の事情に応じて設立・拡充される様子、帝大生の学生生活や就職先、教授たちの研究と組織の体制、予科教育の実情、太平洋戦争へ向かう中での変容などを豊富なデータに基づき活写。建学から戦後、国立総合大学に生まれ変わるまでの七〇年間を追い、エリート七大学の全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ なぜ帝国大学か
  • 第1部 誕生と発展
  • 第2部 高等学校生活
  • 第3部 学生から学士へ
  • 第4部 教授たちの世界
  • 第5部 終焉と転生
  • エピローグ 研究大学への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国大学
著作者等 天野 郁夫
書名ヨミ テイコク ダイガク : キンダイ ニホン ノ エリート イクセイ ソウチ
書名別名 近代日本のエリート育成装置
シリーズ名 中公新書 2424
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.3
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102424-4
NCID BB2331398X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22877432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想