二人称的観点の倫理学

スティーヴン・ダーウォル [著] ; 寺田俊郎 監訳 ; 会澤久仁子 訳

人間の尊厳の源泉へ-人はなぜ、道徳的に正しいことを行い、不正なことを避けるべきなのか?道徳的義務が本質的に相互人格的な性格をもつという「二人称的観点」を明確に導入し、尊敬にもとづく義務や責任の倫理学を構築しようとする問題提起の書。哲学史との対話を通じ、義務論的・契約主義的立場から応用・実践倫理分野に新たな視座をもたらす、現代英語圏を代表する哲学者の一人ダーウォルの主著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(主要な着想
  • 二人称的構えと二人称的理由)
  • 第2部(責任と二人称
  • 道徳的義務と責任
  • 尊敬と二人称)
  • 第3部(カントにおける道徳と自律
  • 尊厳と二人称-フィヒテの主題による変奏
  • 自由と実践理性
  • 契約主義の基礎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二人称的観点の倫理学
著作者等 Darwall, Stephen L.
会澤 久仁子
寺田 俊郎
Darwall Stephen
ダーウォル スティーヴン
書名ヨミ ニニンショウテキ カンテン ノ リンリガク : ドウトク ソンケイ セキニン
書名別名 THE SECOND-PERSON STANDPOINT

道徳・尊敬・責任
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1052
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.3
ページ数 425,31p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01052-1
NCID BB23313888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22883031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想