ぼくの東京全集

小沢信男 著

小説、紀行文、エッセイ、評伝、書評、詩、俳句。「新東京感傷散歩」でデビューして以来60年以上の文業において、作家は一途に「東京」を歩き、書いてきた。焼跡の鮮明な記憶、銀座に暮らした幼少期の思い出、佐多稲子や辻征夫の作品と人生、「千人斬」松の門三艸子…闊達なユーモアと確かな観察眼で、町とそこに生きる人々を描きだす。『東京骨灰紀行』著者の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 焼跡の街
  • 第2章 感傷から骨灰へ-街を歩く
  • 第3章 わが忘れなば-小説集
  • 第4章 記憶の街角
  • 第5章 東京の人
  • 第6章 東京万華鏡-ぼくの読書録
  • 第7章 街のこだま-俳句と詩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくの東京全集
著作者等 小沢 信男
書名ヨミ ボク ノ トウキョウ ゼンシュウ
シリーズ名 ちくま文庫 お8-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.3
ページ数 555p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43407-4
NCID BB23310187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22913843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想