〈ヤミ市〉文化論

井川充雄, 石川巧, 中村秀之 編

新聞、映画、文学、演劇、マンガ、カストリ雑誌、探偵小説、メロドラマ、消去される都市-"ヤミ市"を起点に広がった文化と表象を多角的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シンポジウム(戦後池袋の検証-ヤミ市から自由文化都市へ)
  • 2 都市とメディア(都市としての闇市
  • 民衆駅の誕生-国鉄駅舎の戦災復興と駅ビル開発
  • 読売新聞による「新宿浄化」キャンペーン-ヤミ市解体へのエール)
  • 3 ヤミ市の表象(敗戦後日本のヘテロトピア-映画の中のヤミ市をめぐって
  • 小説テキストにおける闇市・闇屋の表象
  • 石川淳「焼跡のイエス」から手塚治、梶原一騎、王金太「ReMember」-戦後マンガにおける闇市の表象分析)
  • 4 風俗と表現(占領期東京の小劇場・軽演劇・ストリップ-秦豊吉と東郷青児の邂逅
  • 占領期のカストリ雑誌における原爆の表象
  • 昭和二〇年代の探偵小説-『宝石』の作家たちと新宿
  • 映画『君の名は』(一九五三〜一九五四)論-戦後的メロドラマの通俗性と感傷性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈ヤミ市〉文化論
著作者等 中村 秀之
井川 充雄
石川 巧
書名ヨミ ヤミイチ ブンカロン
書名別名 Japanese Popular Culture and the Postwar Black Markets
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2017.2
ページ数 321p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89476-847-5
NCID BB23304264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22905545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想