出世と肩書

藤澤志穂子 著

課長→部長→取締役→常務→専務→社長→会長という出世コースは今は昔。CEO、COO、チェアマン等、横文字の肩書が氾濫し、この人偉いの?偉くないの?と混乱は増すばかり。「次官」が一番偉い役所の不思議なシステム、政治家にとっての花道的役職、人生最後のランク付け「勲章」、外資系のややこしい「肩書」のカラクリetc.…序列社会の構造がみえてくる、社会人必読の現代ニッポン肩書入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民間企業編 『会長島耕作』はもう古い!?(「出世の階段」と"社外取締役"の謎
  • 業界別?な肩書
  • 社長はつらいよ)
  • 第2章 官公庁編 「事務」で「次官」が一番偉い(霞が関のエリート
  • 次官より偉い官僚
  • 官僚たちの懐事情
  • 偉さいろいろ
  • 女性官僚の人生設計)
  • 第3章 永田町編 落選したらただの人(「内閣」の語源は中国
  • 大臣、副大臣、政務官へのルート
  • 国会でのしあがる
  • 政党トップへのはるかなる道のり)
  • 第4章 叙勲編 人生最後の肩書(ないようである厳然たるランキング
  • 叙勲の変遷)
  • 第5章 外資系編 グローバル化する肩書(CEOとは何者か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出世と肩書
著作者等 藤澤 志穂子
書名ヨミ シュッセ ト カタガキ
シリーズ名 新潮新書 708
出版元 新潮社
刊行年月 2017.3
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610708-5
NCID BB23302735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22871525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想