IoTを支える技術

菊地正典 著

IoT(Internet of Things)というと、すぐに"モノのインターネット"と直訳されます。けれども、あらためて「果たしてその実態は?」と考えると、今一つはっきりしないのではないでしょうか。本書は、IoTを3つの構成要素に分けて見ていきます。センサーがどのようにデータを収集するのか、どのようにインターネットへデータを送信するのか、そして、どのようにデータを処理するのか。各構成要素で用いられる技術を詳細に解説し、IoTのしくみと可能性を提示します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 IoTを支える"半導体部品たち"(IoTは"モノ"と"モノ"のインターネット?
  • IoTで家庭、農業、工場はどう変わる? ほか)
  • 第2章 半導体センサーが"現場の状況"をリアルタイムにキャッチする("電子の五感"センサー
  • 急成長するセンサー ほか)
  • 第3章 "モノ"のデータをいかにインターネット経由で処理するか(IoTの第2段階「インターネットにつなぐ」
  • 「通信距離」で見た無線通信規格の区別 ほか)
  • 第4章 IoTを加速する"半導体部品たち"の素顔(IoTでの新しい半導体デバイス
  • 今さら聞けない「半導体のABC」 ほか)
  • 第5章 IoT時代に求められる新しい半導体テクノロジー(IoTを実現する新しい半導体テクノロジー
  • エネルギーバンドとは? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IoTを支える技術
著作者等 菊地 正典
書名ヨミ アイオーティー オ ササエル ギジュツ : アラユル モノ オ ツナグ ハンドウタイ ノ シクミ
書名別名 あらゆるモノをつなぐ半導体のしくみ
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-376
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2017.3
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-9016-2
NCID BB23301528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22872988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想