Collected papers on trajectory equifinality approach

by Tatsuya Sato

人はどう生きているか?時間とプロセスを扱う新しい研究アプローチ、TEA(複線径路等至性アプローチ)。問題意識はどこにあるのか。理論的背景はいかなるものか。研究をどのように実践すればよいのか。心理学の新機軸を切り拓く、珠玉の英語論文集!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 Chronogenesis Introduction to TEM(Time in Life and Life in Time-Between Experiencing and Accounting)
  • 2 Emergence of TEM(Minding Money-How Understanding of Value is Culturally Promoted
  • Development,Change or Transformation-How can Psychology Conceive and Depict Professional Identify Construction?
  • Beyond Dichotomy-Towards Creative Synthesis)
  • 3 Development of TEM(Sampling Reconsidered-Idiographic Science and the Analyses of Personal Life Trajectories
  • Depicting the Dynamics of Living the Life-The Trajectory Equifinality Model
  • The Authentic Culture of Living Well-Pathways to Psychological Well‐Being)
  • Appendix(Historically Structured Sampling(HSS)-How can Psychology's Methodology Become Tuned in to the Reality of the Historical Nature of Cultural Psychology?
  • Brief Practice for Using Trajectory Equifinality Model(TEM)-As a General Tool for Understanding the Human Life Course within Irreversible Time)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Collected papers on trajectory equifinality approach
著作者等 佐藤 達哉
サトウ タツヤ
出版元 Chitose Press
刊行年月 2017.3
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-908736-03-2
NCID BB23300911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22881780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想