理化学研究所

山根一眞 著

科学立国を目指し1917年に設立された「理研」。幅広い分野で研究者を輩出し、日本の基礎科学を支え続けてきた。今では450の研究室、3000人の研究者を擁し、研究範囲は一言では語れないほど深く広い。ノンフィクション作家・山根一眞が、113番元素ニホニウムから光科学、脳、スパコン、バイオまで研究現場を訪ね歩き、その「今」を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 113番元素が誕生した日
  • ガラス板の史跡
  • 加速器バザール
  • 超光の標的
  • 100京回の瞬き
  • スパコンありきの明日
  • 生き物たちの宝物殿
  • 入れ歯とハゲのイノベーション
  • 遺伝子バトルの戦士
  • 透明マントの作り方
  • 空想を超える「物」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理化学研究所
著作者等 山根 一真
書名ヨミ リカガク ケンキュウジョ : ヒャクネンメ ノ キョダイ ケンキュウ キカン
書名別名 100年目の巨大研究機関
シリーズ名 ブルーバックス B-2009
出版元 講談社
刊行年月 2017.3
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502009-8
NCID BB23285352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22874477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想