戦後アメリカ外交史

佐々木卓也 編

戦後のアメリカ外交のダイナミックな全体像を提示する。国際秩序の形成に決定的な役割を担う国、アメリカ。戦後のアメリカ外交を政権ごとに分析・考察した、読み応えある通史。オバマ政権の総括とトランプ政権発足の素描を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカの外交的伝統-戦前期の外交
  • 第1章 戦後外交の起点-ローズヴェルト、トルーマン政権期の外交
  • 第2章 冷戦の変容とアメリカの蹉跌-アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン政権期の外交
  • 第3章 パクス・アメリカーナの揺らぎとデタント外交-ニクソン、フォード、カーター政権期の外交
  • 第4章 冷戦終結外交と冷戦後への模索-レーガン、ブッシュ政権期の外交
  • 第5章 新しい秩序を模索するアメリカ外交-クリントン政権期の外交
  • 第6章 理念外交の軍事化とその帰結-G.W.ブッシュ政権期の外交
  • 第7章 混迷する世界情勢と転換期のアメリカ-オバマ政権期の外交
  • 終章 岐路に立つリベラルな国際主義-トランプ政権期の外交

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後アメリカ外交史
著作者等 上村 直樹
佐々木 卓也
大津留 智恵子
西崎 文子
書名ヨミ センゴ アメリカ ガイコウシ
書名別名 A History of American Foreign Relations since World War 2
シリーズ名 Specialized
有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.3
版表示 第3版
ページ数 386p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-22080-5
NCID BB23272951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22880840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想