子供の死を祈る親たち

押川剛 著

親子間の溝はますます深くなっている。自室に籠もり、自殺すると脅して親を操るようになった息子。中学時代、母親の不用意な一言から人生を狂わせ、やがて覚醒剤から抜け出せなくなった娘。刃物を振り回し、毎月30万も浪費するひきこもりを作ったのは、親の強烈な学歴信仰だった…。数々の実例からどのような子育てが子供の心を潰すのかを徹底的に探る。現代日本の抱える病巣を抉る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドキュメント
  • 第2章 事件化する家族
  • 第3章 なぜ家族は壊れるのか
  • 第4章 これからの家族
  • 第5章 患者の二極化がはじまった
  • 第6章 現場からの提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子供の死を祈る親たち
著作者等 押川 剛
書名ヨミ コドモ ノ シ オ イノル オヤタチ
シリーズ名 新潮文庫 お-89-2
出版元 新潮社
刊行年月 2017.3
ページ数 445p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-126762-3
NCID BB23260511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22863876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想