人と植物の文化史

国立歴史民俗博物館, 青木隆浩 編

[目次]

  • 第1部 くらしの中の植物たち(植物の日本史を展示するくらしの植物苑
  • 縄文人の植物質食料と木の道具
  • ジャパンと呼ばれた漆器)
  • 第2部 季節の伝統植物(伝統の桜草-レスキューさくらそう
  • 伝統の朝顔
  • 伝統の古典菊
  • 菊栽培の流行と小袖模様
  • 参勤交代と菊作りの広がり
  • 冬の華サザンカ)
  • 第3部 植物園の意義(植物を観賞に供する文化の誕生と発達)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人と植物の文化史
著作者等 国立歴史民俗博物館
青木 隆浩
書名ヨミ ヒト ト ショクブツ ノ ブンカシ : クラシ ノ ショクブツエン ガ ミセル モノ
書名別名 くらしの植物苑がみせるもの

Hito to shokubutsu no bunkashi
出版元 古今書院
刊行年月 2017.3
ページ数 180p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7722-7143-1
NCID BB23245460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想