逆説のスタートアップ思考

馬田隆明 著

爆発的成長を遂げる組織を指す「スタートアップ」。起業や新規事業が求められる今、その方法論は高い価値を持ち、「日本が健全な社会を維持するために不可欠」と著者は主張する。なぜ今スタートアップが必要とされるのか?なぜ東大生はそれを学ぶのか?逆説的で反直観的な思考法であなたも革新せよ!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 スタートアップとは
  • 第1章 アイデア-「不合理」なほうが合理的
  • 第2章 戦略-小さな市場を独占せよ
  • 第3章 プロダクト-多数の「好き」より少数の「愛」を
  • 第4章 運-それはコントロールできる
  • 終章 逆説のキャリア思考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説のスタートアップ思考
著作者等 馬田 隆明
書名ヨミ ギャクセツ ノ スタート アップ シコウ
書名別名 Gyakusetsu no sutato appu shiko
シリーズ名 中公新書ラクレ 578
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.3
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150578-1
NCID BB23234759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想