石川九楊著作集  7

石川九楊 著

言葉を生み出すダイナミックな力-"筆蝕"という概念を駆使し、書くことの深みに鋭く切りこんだ普遍的かつ核心的な書字論。当世の電子書字機械で入力される文章の氾濫の中で進行する国語と文学の退廃を撃つ!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 誰も文字など書いていない(書は、誰にでもわかるもの?
  • 言葉と人間 ほか)
  • 筆蝕の構造-書くことの現象学(書くという行為の坩堝へ
  • 書くことと話すこと ほか)
  • 書く-言葉・文字・書(諸言 言葉・文字・書
  • 「書」はどう見ればよいか ほか)
  • 「書く」ということ(文学は書字の運動である
  • ペンとナイフ、書くことと刺すこと ほか)
  • 縦に書け!-横書きが日本人を壊す(言葉が力を失った社会
  • 「日本」とは「日本語」のことである ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石川九楊著作集
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ イシカワ キュウヨウ チョサクシュウ
書名別名 筆蝕の構造 : 書字論

Ishikawa kyuyo chosakushu
巻冊次 7
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.1
ページ数 654p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07753-3
NCID BB23223810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22860835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想