GRIHL

文芸事象の歴史研究会 編

本書で展開されるのは、文学の使用と歴史記述に関する方法を長年検討してきたフランスの研究集団「GRIHL」と、時とテーマごとに構成メンバーをかえて活動している我が国の「文芸事象の歴史研究会」による共同研究の成果である。本書は単なる翻訳論集でも、最新の研究紹介でもない。GRIHLの研究を批判的にとらえながら各人の研究を深化させていった。我が国の若手研究者の軌跡である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文学の効用-文芸事象の歴史研究序説
  • 第1部 文学の使用法 GRIHL論文選(フランス一九世紀前半の読書経験と社会経験-歴史家による文学の使用法を再考する
  • 文学史と読書の歴史
  • 「時の故郷へ」 ジュール・バルベ・ドールヴィイ
  • 経験という仕事-近世における哲学者の伝記、哲学的生のスタイル、人間の生
  • 書物の中の世界、世界の中の書物 パラテクストを超えて-一七世紀における書籍商の出版允許について
  • ある国務秘書官のさまざまな歴史-機密顧問会議の作家ロメニ・ド・ブリエンヌ(一六三六‐九八))
  • 第2部 文学と証言(一七世紀における悲惨のエクリチュール-文学と証言
  • ボシュエ『ルーヴルの四旬節説教』をめぐる解釈の相克
  • 「バロック」概念をめぐって』)
  • 第3部 「書物の歴史」から「書物による歴史」へ(序-世界は書物によって織りなされてゆく
  • 書物による歴史-方法論の提案
  • シャルル・ド・グリマルディの『メモワール』-フロンドの証言から家門の記念碑へ
  • 文学の真実-社会的想像物、読書体験、文学的知
  • "詩の危機"は起こらないだろう-一九世紀末「文芸共和国」史)
  • 第4部 文学・証言・生表象(序-文学研究と歴史記述研究の対話のために
  • 農村における政治と文学-レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ
  • レチフ-啓蒙の「マイナー文学」再考のために
  • 『フランス組曲』-レチフからネミロフスキへ、農村におけるフランス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 GRIHL
著作者等 文芸事象の歴史研究会
野呂 康
書名ヨミ グリール : ブンガク ノ ツカイカタ オ メグル ニチフツ ノ タイワ
書名別名 文学の使い方をめぐる日仏の対話

Guriru
出版元 吉田書店
刊行年月 2017.2
ページ数 366,22p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-905497-48-6
NCID BB23217035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22852659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
〈詩の危機〉は起こらないだろう 中畑寛之
「バロック」概念をめぐって クリスチアン・ジュオー, 野呂康
「時の故郷へ」ジュール・バルベ・ドールヴィイ ジュディト・リオン-カン, 小溝佳代子
ある国務秘書官のさまざまな歴史 ニコラ・シャピラ, 嶋中博章
シャルル・ド・グリマルディの『メモワール』 嶋中博章
フランス一九世紀前半の読書経験と社会経験 ジュディト・リオン-カン, 野呂康
フランス組曲 クリスチアン・ジュオー, ジュディト・リオン-カン, 辻川慶子
ボシュエ『ルーヴルの四旬節説教』をめぐる解釈の相克 望月ゆか
レチフ 桑瀬章二郎
一七世紀における悲惨のエクリチュール クリスチアン・ジュオー, 野呂康
序-世界は書物によって織りなされてゆく 中畑寛之
序-文学研究と歴史記述研究の対話のために 森本淳生
文学の効用 野呂康
文学の真実 ジュディト・リオン-カン, 杉浦順子
文学史と読書の歴史 ジュディト・リオン-カン, 中畑寛之
書物による歴史 ダイナ・リバール, ニコラ・シャピラ, 中畑寛之
書物の中の世界、世界の中の書物パラテクストを超えて ニコラ・シャピラ, 野呂康
経験という仕事 ダイナ・リバール, 野呂康
農村における政治と文学 ダイナ・リバール, ニコラ・シャピラ, 辻川慶子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想