バルザックの文学とジェンダー

東辰之介 著

[目次]

  • 第1部 女性作家を読むバルザック(バルザック『毬打つ猫の店』とソフィー・ゲー『アナトール』-男性画家に描かれる女性像
  • ソフィー・ゲー『レオニー・ド・モンブルーズ』とバルザック-女性登場人物の類似点と相違点)
  • 第2部 バルザックを読む女性作家(バルザック『アデュー』とジラルダン夫人『ポンタンジュ侯爵』-男女反転のアイロニー
  • カロリーヌ・マルブティ『危うい地位』とバルザック-文壇のタブーに挑戦する女性作家)
  • 第3部 古典を読むバルザックと女性作家(バルザック『田舎ミューズ』とソフィー・ゲー『エレノール』-コンスタン『アドルフ』をどう書き換えるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルザックの文学とジェンダー
著作者等 東 辰之介
書名ヨミ バルザック ノ ブンガク ト ジェンダー : ジョセイ サッカ トノ ヒカク カラ ワカル コト
書名別名 女性作家との比較から分かること

Baruzakku no bungaku to jenda
出版元 春風社
刊行年月 2017.2
ページ数 347p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-533-3
NCID BB23216054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22861173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想